Latest Publications

菊池一族と延寿鍛冶シンポジウム

 

2017年4 月15日(土)

 

熊本県の

菊池神社菊華殿にて

菊池一族と延寿鍛冶シンポジウムを開催。

 

会場には多くのお客様に

ご来場いただきました。

 

当初、

予定しておりました人数を越え、

追加で椅子を用意するほど

多数のお客様に

お集りいただきました。

 

皆様に心より感謝いたします。

 

 

また、

 

私たちは

ちょうど1年前に

このシンポジウムを開催する予定でしたが

 

2016年

4月14日夜(前震)と

16日未明(本震)の

熊本地震により中止することになりました。

 

地震にて

お亡くなりになった方々の

ご冥福をお祈りするとともに、

被災者の皆様に心より

お見舞いを申し上げます。

 

 

あの日、

私達も、この菊池にて

地震を経験しました。

 

延寿展のスタッフも、

 

車中泊を経験したり、

自宅が壊れたり、余震で悩んだり、

様々な想いを抱いて

ここまで過ごしてきました。

 

 

今回、司会をしていただいた

中原さんは

 

私達が16日未明の

本震直後の真夜中に

 

菊池夢美術館にて行動を共にし、

その後、車中泊を経験されました。

 

私達とは

あの時の生きるか死ぬかの状況の中

強い絆が生まれたと思います。

 

 

考えてみれば

あれから1年、コツコツと

みんなで作り上げたシンポジウムです。

 

これは

小さな一歩かもしれない

 

しかし、熊本に700年前から伝わる

「延寿」という名刀を作った鍛冶集団と

菊池一族の文化を振り返る

貴重な一歩になればという

みんなの願いが

今回のイベントに繋がりました。

 

 

観光協会長の服部様の

ご挨拶にて開催。

 

菊池神社宮司の坂本様より

お言葉を頂きます。

 

観光協会の皆様も神社も

大変な一年を乗り越えて

やっとここまで辿り着きました。

 

私達は今回

(一社)菊池観光協会

菊池一族まつり実行委員会の皆様の

努力に感動いたしました。

 

そして

支えていただいた

熊本、菊池の皆様と

全国の皆様のおかげだと

改めて実感しました。

 

 

さて、

いよいよシンポジウムが開催します。

菊池神社宮司 坂本様のご挨拶。

 

 

坂本様は

明治神宮にいらしゃった時、

日本刀鑑定の権威である

佐藤寒山先生に師事され

刀剣を学ばれたとのこと。

 

日本刀の芸術性を

とても理解され

私達も勉強になります。

 

 

菊池神社と

菊池一族の歴史とともに

 

佐藤寒山先生の著書も

ご紹介くださいました。

 

 

そして

太田先生による

菊池一族と延寿鍛冶の講演。

 

 

テーマは

■菊池氏の歴史

■延寿鍛冶の歴史

■同田貫鍛冶

■菊池人の気質

について

 

 

歴史年表や日本刀の写真を

プロジェクターに写しながら

わかりやすく紹介していきます。

 

 

現代社会において 唯一、

日本刀を活用する居合道の立場から

刀の紹介も行われました。

 

 

菊池神社ですので

 

菊池ならではの

「菊池千本槍」の

ご紹介もさせていただきました。

 

 

また、

今回の特徴は

「日本刀から見た

菊池一族の歴史と文化」なので

 

今までのイベントとは、

また少し違って

 

「刀剣乱舞」で話題の

蛍丸や同田貫などエピソードも交え、

菊池の皆様も知らなかった日本刀から見た

菊池一族の歴史のことも

ご紹介していきました。

 

 

あっと言う間に

1時間が経過しまして

講演も無事終了となります。

 

 

最後に

観光協会の皆様より

菊池神社宮司の坂本様と

太田先生に花束が贈呈されました。

 

 

そして

シンポジウムの後は

少しの時間でしたが

 

交流会のような時間もあり

皆様、延寿鍛冶の文化に触れる機会も

ありました。

 

 

多くのお客様に心より

感謝いたします。

 

菊池一族と延寿鍛冶展は

5月7日まで続きますので

どうぞ菊池に

お越しください。

 

本日は

ありがとうございました。

 

 

菊池夢美術館のご案内

 

2017年4月1日(土)から

5月7(日)まで開催されております

 

「菊池一族と延寿鍛冶展2017」。

 

大変多くのお客様に

ご来場いただき

心より感謝いたします。

 

先週は、

 

俳優の佐藤健さんに

ご来場いただきました。

 

大変お忙しい中、

会場に足を運んでくださり、

 

また、私達の解説を聞いていただき

心より感謝いたします。

 

とても礼儀正しく

かっこいい方で

ますますファンになりました。

 

 

さて、

今回は

「菊池一族と延寿鍛冶展2017」の

会場となっております

「菊池夢美術館」をご紹介いたします。

 

会期中は

このように延寿鍛冶展ののぼりが

菊池のいたるところに立っております。

 

 

さて交通アクセスですが

 

九州自動車道利用の場合

九州自動車道植木インター経由、

国道3号線〜県道53号線、

国道325、387号線を利用して菊池市へ。

 

約30分。

「菊池一族と延寿鍛治展」会場の

夢美術館周辺には

無料駐車場がございます。

 

 

阿蘇くまもと空港から

路線バス利用の場合

九州産交バスの空港リムジンバスで

熊本交通センターへ(約50分)

その後熊本電鉄バスで菊池市へ(約60分)

 

JR熊本駅から

路線バス利用の場合

熊本電鉄バスで菊池市へ(約70分)

 

ちなみに上の写真は

菊池夢美術館前の

菊池温泉・市民広場前のバス停です。

 

 

ここが市民広場前の道です。

 

この位置を背にした場所に

菊池武光公の銅像があり、

その右手に「きくち観光物産館」、そして

その横に「菊池夢美術館」がございます。

 

 

こちらが「きくち観光物産館」

この道を渡ったところに

無料で「足湯」が楽しめる場所があります。

 

 

この奥にある建物が

「菊池夢美術館」になります。

 

 

わからない場合は

(一社)菊池観光協会に

お電話頂ければ幸いです。

 

電話:0968-25-0513

 

菊池一族と延寿鍛冶展(2017)は

2017年4月1日(土)〜5月7日(日)まで

菊池市の菊池夢美術館にて開催中です。

 

ちょうど今が桜の美しい時期ですので

ぜひ菊池に遊びにきてください。

 

詳しくは菊池観光協会公式サイトまで

 

 

月刊「九州王国」(菊池特集)

九州発の人、文化、

そして経済を伝える総合情報誌

月刊「九州王国」にて

今月号は

菊池一族と延寿鍛冶が特集されています。

 

関係者の皆様に心より感謝いたします。

 

詳しくは

月刊「九州王国」公式サイトへ

 

 

九州地区昇段審査(平成29年)完結編

満員御礼!ありがとうございます!

 

 

平成29年(2017年)

4月1日(土)

 

熊本県菊池市の

「菊池夢美術館」にて

「菊池一族と延寿鍛冶展2017」が

開催されました。

 

 

先ず

(一社)菊池観光協会、

菊池一族まつり実行委員会、

また、菊池神社、菊池市の皆様に

深甚の謝辞を奉りますとともに

 

応援していただいている

全国の皆様に

心より御礼を

申し上げる次第でございます。

 

まず、

午前9時より

菊池神社にて「開会式」を開催。

 

(一社)菊池観光協会の

服部会長のご挨拶。

 

 

会場には熊本県や

菊池市の議員の皆様が

多数参加されました。

 

その後、

小学校の皆様による延寿太鼓、

そして日本刀「同田貫」の発祥地に

古くから伝わる

稗方神楽の皆様と共に

 

菊池で作られた「日本刀」での

奉納演武をさせていただきました。

 

 

神聖な場所で

奉納演武をさせていただいたことを

心より感謝いたします。

 

そして

演武の後は、

 

西郷隆盛公の曾孫で

 

西郷隆盛公賛会理事長の

「西郷隆文先生」による

特別講演が開催されました。

 

 

西郷家は菊池一族とのことで

数年前から西郷先生と菊池の交流が

はじまりました。

 

そして、昨年の熊本地震の当日に

この菊池で私達は、

西郷先生とご一緒させていただき、

それ以来、

深く交流させていただいております。

 

また、

来年「2018年のNHK大河ドラマ」は

「せごどん」とのことで

今から楽しみにしております。

 

資料:NHKオンライン

 

鈴木亮平さん かっこいいですね。

2018年に向けて「西郷家発祥の地」である

菊池市も動きだしております。

 

さて、

講演会の後は

会場を菊池夢美術館に移しまして

 

いよいよ

「菊池一族と延寿鍛冶展2017」の

会場をご紹介いたします。

 

 

早くも会場は

多くのお客様でいっぱい。

 

朝から並んでいただいた方も

いらっしゃったようで

本当に嬉しく思います。

 

蛍丸の作者「来国俊」や

「延寿国時」の短刀「延寿国吉」の太刀

 

「同田貫清国」「同田貫正国」など

今まで一度も一般公開されていない

日本刀が大集結しております。

 

また、

なんと

 

 

会場の日本刀は

撮影OKです。

 

 

なので

フラッシュや三脚を立てない限り

自由に撮影していただき

 

Facebook、インスタなど

拡散OKですので

会場では皆様、特別重要刀剣を

自分の好きな角度から

たくさん撮影されています。

 

 

会場は女性のお客様が多く

「刀剣女子」の皆様にも

楽しんでいただけるイベントです。

 

ぜひ、好きな日本刀を探していただき

今後の勉強に役立てていただければ

幸いです。

 

 

西郷隆文先生の陶芸作品も

展示してあります。

菊池一族である西郷先生の

素敵な作品にも出会えるイベントですので

どうぞ菊池に遊びに来てください!

 

 

 

菊池一族と延寿鍛冶展(2017)は

2017年4月1日(土)〜5月7日(日)まで

菊池市の菊池夢美術館にて開催中です。

 

700年の時を越え

菊池で生まれた名刀達が

勢揃いします!

 

 

ぜひ、「菊池一族と延寿鍛冶展」で

延寿鍛冶の魅力を知っていただければ

幸いです。

 

詳しくは菊池観光協会公式サイトまで

 

 

 

九州地区昇段審査(平成29年)その6

延寿鍛冶展いよいよ始ります

 

菊池一族と延寿鍛冶展(2017)が

いよいよ始ります。

 

今日は、スタッフの皆様

全員で飾り付けを開始。

 

さらに、

今年の菊池映画祭は

「くまもと復興映画祭

powerwd by 菊池映画祭」と題して

 

2017年4月7日(金)〜9日(日)まで

 

会場

■熊本城二の丸広場

■菊池市文化会館・菊池松囃子能場

■熊本県立劇場 にて開催されます。

 

くまもと復興映画祭公式サイトより

 

ゲストに

俳優の妻夫木 聡さん

2017年 4月8日(土)9日(日)

高良 健吾さん

2017年 4月7日(金)9日(日)

佐藤 健さん

2017年 4月7日(金)8日(土)

 

も参加される予定です。

日本を代表する素敵な俳優さんが

熊本そして菊池を

応援してくれることに

心より感謝いたします。

 

ぜひ、皆様もご参加ください

 

俳優の皆様のスケジュールなど

詳しくは

熊本復興映画祭はコチラ

 

 

さて、

 

菊池の町には

菊池一族と延寿鍛冶展の「のぼり」が

たくさん飾られています。

 

 

多くの皆様のおかげで

準備がどんどん進んでいきます。

本当にありがとうございます!

 

 

菊池一族と延寿鍛冶展(2017)は

2017年4月1日(土)〜5月7日(日)まで

菊池市の菊池夢美術館にて開催します。

 

700年の時を越え

菊池で生まれた名刀達が

勢揃いする展覧会です。

 

 

 

ぜひ、「菊池一族と延寿鍛冶展」で

延寿鍛冶の魅力を知っていただければ

幸いです。

 

詳しくは菊池観光協会公式サイトまで

 

 

菊池一族と延寿鍛冶展(元寇編4)

 

 

菊池一族と延寿鍛冶(元寇編4)は

 

福岡県の「志賀島」をご紹介したい。

 

蒙古軍の攻撃によって

多くの日本人犠牲者がでたエピソードを

いくつか紹介してきたが

 

今度は逆に

蒙古兵の犠牲者について紹介する。

 

なぜなら、蒙古や高麗の人達にも

尊い犠牲があったことを私達は

知るべきだと思ったからである。

 

 

ここ志賀島には

「蒙古塚」というバス停がある。

 

この地は、文永11年(1274年)および

弘安4年(1281年)の

二度にわたる元寇襲来の古戦場とされ、

 

古くは「首切塚」とも呼ばれていた。

 

地元では「首キレ」とも

呼ばれていたという。

 

700年以上経過した今でも、

誰かが塚上の供養塔に

花や茶、おにぎりを供えている。

 

さらに

古い五輪塔が立っていて、

心やさしい人の供養が700年

続いていることを物語っている。

 

※写真は供養塔を建立した時の写真。

 

ここは元寇のさい捕らえられた

元軍兵士の首をはねた所と伝えられ

 

怨霊がさまよっているとして

島の人は長い間近づかなかったといわれる。

 

 

昭和のはじめに高鍋日統という

日蓮宗の僧が提唱して

 

供養塔を建てる運動が始まり

昭和2年(1927年)5月15日付の碑銘で

翌3年3月7日に落成除幕を行った。

 

 

昭和13年(1938年)には蒙古連盟自治政府の

指導者である徳王も参拝され、

現在は福岡市中央区の

勝立寺の飛び地境内として祭祀されている。

 

菊池一族を含む日本軍にも

多くの犠牲者を出したが、

蒙古軍にも多数の犠牲者を出している。

 

「首キレの蒙古首切塚」から

悲しい物語をぬぐい捨てて

 

「蒙古塚」と、今のように呼ぶことを

発起人一同の名で宣言したという。

 

 

 

その蒙古塚の近くに

志賀島ビジターセンターという場所があり、

元寇の貴重な資料を見学に行った。

 

そこには

蒙古兵の兜が飾ってあった。

 

 

 

蒙古塚と同じように

この兜も

 

憎しみを永遠に忘却し、

日本と外国の友情を固めていくという

願いであるように思えた。

 

菊池一族の「延寿刀」とともに

この「兜」も700年の時を越え

私達に様々なことを教えてくれる。

 

 

私達は歴史から多くのことを

学ばなければならない。

 

長いこと九州に住んでいて

知らないことばかり・・・

 

菊池一族と延寿鍛冶展から

元寇を知り

平和の尊さを考える一日になった。

 

 

菊池一族と延寿鍛冶展(2017)は

2017年4月1日(土)〜5月7日(日)まで

菊池市の菊池夢美術館にて開催します。

 

700年の歴史を越え

私達に多くのことを教えてくれる

名刀達が勢揃いする展覧会です。

 

今まで

一般に公開されていない

門外不出の名刀が集結します。

 

ぜひ、「菊池一族と延寿鍛冶展」で

延寿鍛冶の魅力を知っていただければ

幸いです。

詳しくは菊池観光協会公式サイトまで

 

菊池一族と延寿鍛冶展(元寇編その1)はこちら

菊池一族と延寿鍛冶展(元寇編その2)はこちら

菊池一族と延寿鍛冶展(元寇編その3)はこちら

 

九州地区昇段審査(平成29年)その5

 

九州地区昇段審査(平成29年)その4

武士道