武士道の「心」を学ぶ

負けんばい菊池 負けんばい熊本

 

菊池一族と延寿鍛冶展(2017)は

 

熊本地震の

あの瞬間から始りました。

 

地震の日、

私達は菊池の皆さんと

共に過ごし、それから一歩ずつ

前に進んできました。

 

負けんばい菊池

負けんばい熊本

 

菊池一族と延寿鍛冶展は

 

菊池の皆様と

支えていただいている

全国の皆様のおかげです。

 

 

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

 

菊池家憲

    1868年(明治元年)、   江戸幕府が倒れ 新しい「明治」という時代が 誕生する時、   500年の時を経て、 ある一族の起請文が 再び光を浴びることになりました。 &n [...]

Read the rest of this entry »

座右の銘(武士の言葉その31 )

    為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり 上杉鷹山       たとえば・・・   子供達に剣道を教える時、 先生が同じ目線に立って [...]

Read the rest of this entry »

座右の銘(武士の言葉その30)

  「恩義を忘れ、私欲を貪り、人と呼べるか」 真田幸村     人間には 調子が良い時には寄って来て、   調子が悪くなった途端に 逃げる人がいますね。     [...]

Read the rest of this entry »

座右の銘(武士の言葉その29)

  「敬天愛人」 西郷隆盛   「敬天」 天を敬うことは 「愛人」 人を敬愛することにつながります。   この「敬天愛人」という言葉を 西郷隆盛は生涯愛し、 自分の目標としていました。 &n [...]

Read the rest of this entry »

座右の銘(武士の言葉その28)

  断じて之れを行へば、鬼神も之れを避く。 大事を断ぜんと欲せば、先づ成敗を忘れよ。   吉田松陰     人生は 「選択の連続」です。 誰も未来はわかりません。   運 [...]

Read the rest of this entry »

座右の銘(武士の言葉その27)

  天下最も多きは人なり。 最も少なきも人なり。   黒田官兵衛(黒田如水)     世の中には、 数え切れないほどの人がいます。   しかし、 たくさん人がいても 自分 [...]

Read the rest of this entry »

孤独の旅路

    10代の頃、 歌詞の意味も考えずに 聴いていた   ニールヤングの「孤独の旅路」を   40歳になった今 あらためて聴いた。   今さらながら どんな意味なのか? [...]

Read the rest of this entry »
Neil Young ニールヤング / Harvest 【CD】

座右の銘(武士の言葉その26)

      「常に法度の多きは宜しからず」   真田信之       会社でも学校でも 多くの人を統率する時は、 必ず「規則」が必要です。 &nbsp [...]

Read the rest of this entry »

座右の銘(武士の言葉その25)

  2013年  NHK大河ドラマ「八重の桜」   毎週、楽しみにしております。   「会津の武士道」に毎回、勇気をもらい、 今まで知らなかったエピソードもあり、 大変、勉強になります。 & [...]

Read the rest of this entry »
武士道